スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


『シロのありがとう』作者・挿絵・落合崇秀陶房・落合崇秀
カテゴリ:転載記事




僕はマー君の7倍のスピードで人生を駆け抜けたんだ。


12歳の誕生日にマー君とパパとママに見取られ僕は死んでしまったんだ。
本当は誕生日おめでとうと言って貰うはずだったのに・・・
楽しい日に成るはずだったのに・・・ごめんね・・・
僕、死んじゃった。

でも僕、死んじゃったのに今、みんなの事が見えてるんだよ
みんな僕の事見て泣いてるんだ・・・でも。。。


『泣かないで』


『僕、幸せだったよ』


『楽しい思い出が体中から溢れているんだ!』







覚えてるよマー君と初めて会った日のこと・・・
マー君の笑顔!!
僕を産んでくれたママとの別れの日と同じだから凄く良く覚えてるんだ。
その日だけは今迄で一番悲しかったなぁ~

僕と誕生日が同じ兄弟達が居無くなっても・・・
僕だけはママと一緒に居れると信じてたんだ
そう信じてたんだ。

突然の別れだったから悲しかったよ。
でも僕はマー君とパパとママが凄く優しかったから
幸せな気持ちに包まれたんだ。
悲しさと優しさが一緒の気持ち・・・

今でもあの時の気持ちは言葉に出来ないよ。
良く分からない気持ち・・・







次の日から毎日楽しかったよ。

楽しい散歩。♪
ボール遊び♪
鬼ごっこ♪

いっぱいいっぱい遊んだね!!
楽しい気持ち幸せな気持ちでいっぱいだったよ!!






マー君・・・でも僕が
2回目の寂しい気持ちに成ったの分かってた?
マー君がバットとボールで遊ぶ『野球』が好きに成ったんだ。
僕はマー君が帰ってくるのを毎日、毎日、待ったけど・・・

何時もマー君は『ただいま』の一言だけ・・・寂しくて・・・

でも・・・それでも嬉かった。
マー君の優しい笑顔が。
その一言が大好きだったんだ。
それを待つだけで幸せだったんだ。

それだけで・・・長い1日を待つ事が出来んだ。






何故だか・・・マー君は野球を辞めた。
理由は分からなかったけど・・・
毎日遊んでくれる。
マー君は人間の言葉で僕だけに話してくれた。

『・・・・・』

難しい言葉は僕には分からなかった・・・
でも少し分かったよ。
僕とマー君との『秘密の話』なんだよね。






マー君は時々『秘密の話』をしてくれたね♪

楽しい話

悲しい話

面白い話

そして、その後いっぱい遊んでくれた。

今まで待つだけの長い長い1日が楽しい毎日に変わったんだ。

楽しかったなぁ~~

いっぱいお散歩して、いっぱい遊んでくれたね。







『マー君大好き』

『パパ、ママありがとう』

『まだいっぱいお礼言いたいし話したい事もあるけど』

『もう行かなくちゃ行けないみたいなんだ』

『ありがとね家族にしてくれて。』

『僕は楽しかった思い出でで今凄く気持ちが良いんだ』

『だからもう泣かないで・・・』

『ありがとう』

シロ




おわり

作者&挿絵:落合崇秀陶房・落合崇秀
初版2008年10月25日

最後まで読んで頂きありがとうございました。
共感してくださった方、是非、転載お願いします。
そしてお子様が居る方、子供さんに読んで聞かせてあげてください。
この絵本でこの世から悲しい思いをする動物が少しでも減ることを信じて。

『シロのありがとう』の感想コメントはこちらにお願い致します
http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/26045728.html

最初に描いた絵本『桃の手紙』です。
http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/26189771.html

落合崇秀陶房からのお願い
1.Yahoo!ブログ開設者以外で転載される方は転載報告してください。
  http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/21512592.html
  2.著作権は放棄していません。
  転載&プリントアウトする場合は『落合崇秀』の名前および『落合崇秀陶房からのお願い』まで
  載せてください。

転載元 落合崇秀陶房~猫の茶碗~
http://blogs.yahoo.co.jp/ochiai_takahide_toubou/26189926.html

落合崇秀陶房
落合崇秀


転載元:落合崇秀陶房~猫の茶碗~

スポンサーサイト
2008.10.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コンニャクゼリー問題は、日本の未来の姿を決める分岐点です
カテゴリ:転載記事
「こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到 ネットでは販売中止反対の署名活動」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000002-jct-soci

どうやら、マスコミの手のひら返しが始まったような気もします。
J-CASTも、先日は「なぜ早く禁止にしないのか」なんて記事を書いていたのに、
世間の空気を読んでさっそく報道方針を変更したようです。

ちょっとおおげさに聞こえるかもしれませんが、
今回のコンニャクゼリー問題は、実は日本の将来を左右する大問題なのだと思います。

最近は、階段でこければ階段が悪いだの、
おもちゃで遊んでいてけがをすればおもちゃが悪いだの、
過剰に過保護にして、まるで馬鹿な人間を育成しようとしているのかと言わんばかりの、
自己の無責任、何かあれば他人が悪いという風潮が漂ってきています
(もちろん、メーカー側に製造過失があるものもあると思います)。

消費者の姿勢に立つと謳う消費者担当大臣は、
商品に書かれた注意書きに目を通さないような消費者の行為まで擁護したりしています。
その一方で、その100倍以上の死者を出している食品(もち)については、

「もちで死ぬのは常識ですから」

と、問題にすることもなく放置するという姿勢を示しています。

そこから分かるのは、この大臣は、

「どの会社を叩くかは私が決める」

と、おそろしく危険な思想を持っているということです。

(マルチ会社からパーティー券を買ってもらって擁護発言をしていたということは、
 そういった会社とも何かつながりがあるのではないかと受け取られても致し方ないと思います)

今回のように、
おかしなクレームをする消費者と、ミスリードをするマスコミ、
そして思慮に欠けた(もしくは別の魂胆がある)政治家がタッグを組めば、
どんなにまじめに活動をしている会社であってもいつつぶされるか分からず、またどこをつぶすかは政治家の腹次第、
という、恐ろしい社会になります。

また、消費者側にとっても悪影響です。
全ての責任は自分たちではなくメーカーの側にある、ということになると、
どうしたら危険で、どうすべきか、ということを自分で考える必要がなくなり、意識も低く、常識と思考能力にかける人間を社会の中に量産させる
ことになります。

思慮に欠けていても普通に過ごせるようになり、

何か嫌なことがあれば、他人のせいにして訴える・・、

と、そんな人間が増える社会は、まちがいなくおかしな社会です。


今回のコンニャクゼリー問題は、
日本の将来の姿がどうなっていくか、ということの、
象徴的な分岐点となるのだと思います。

普通のいち市民も、多くの人が、
おかしいと思ったことは「おかしい」と、
声をあげて行く必要があると思います。

まずは、今度の選挙でどうなるかですね。
僕としては、おかしな見識によっておかしな行動をした人は、
選挙によって、有権者からの裁きをしっかりうけてしかるべきだと思います。

個人的には、次の選挙は、

「蒟蒻畑の製造中止の是非を問う選挙」

だと定義づけても悪くないような気もします。

署名もまだの方はよろしかったらどうぞ
http://www.shomei.tv/project-146.html

※転載、リンクはご自由にどうぞ


転載元:どうぶつ病院診療日記

2008.10.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

saisaizzz

Author:saisaizzz
女の子みたいな名前の男の子。
カッコいい&男らしいコッカーになりたいビビリ~なメリ坊の毎日。
めざすはWILDコッカー!

・・・姉御のメリねぇ(人間)・弟分ディル蔵(猫)の絡みも笑えるかも!?

フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。